どや顔や藪医者に似合うのだ

サンドイッチ伯爵が作戦会議を中断しなくても簡単な食事ができるようにそれまであったオープンサンド系の雑多なパンと具を合わせたものをきちんとした料理にしたものという話もあるなカードゲーム好きだったのもいつきしゅうの知らせが入るかも分からないから無線も携帯もない時代だと休日でも自宅待機するしかないんで仕方なくインドア派になってただけなんだけどそのクソ真面目さがライバルに煙たがられてくだんの雪おねが冠されたとかまあこれも子孫休んでいた地域の人が調べ上げた用語せつなんだけどね。
目薬の由来ぐっすりって日本語ができたのは実は明治以降明治以降英語を学ぶ学生達が授業中に寝ている生徒をさしグッドスリープと不真面目さをバカにしていたこれが鈍ってぐっすりというようになった。
それをドヤ顔で言ったことあるヤブ医者の語源無能な医者は風邪がはやると自分の処理能力が追いつかずソワソワしてしまう