アイシングの効果とやり方

アイシングについては2種類存在します。1つ目はからだをケアを目的に行うものであります。中でもアイシングしてほしい箇所はバレーボールで痛めがちな肩とかひざの前面と足首それにひじ、そして手首、ゆびなどが挙げられます。
運動を終えた後のコンディショニングのために行うアイシングというのは、運動によって起きた筋活動の炎症を冷却することで抑え、そして筋疲労を最小にとどめることを狙って行われるのです。
練習後忘れることなくほてった体の箇所を10~20分間クールダウンして翌日に腫れとか体の痛みを貯めないようにしましょう。練習前にアイシングを行なうことも効果があります。ウォームアップの以前にアイシングする理由は、冷やすことで疲労とかケガなどに起因する筋肉の張りとか痛みを消し去って練習を開始するためなのです。
ママさんバレー 上達 練習方法
アイシングすることにより感覚を鈍くして、麻酔を行ったのと一緒のように痛みを感じ難い状態にすることで、ちょっとずつ動かしやすい状況に導くというわけです。2つ目につきましては不測のケガの処置になります。
凍傷に注意しながらケガ部分の腫れとか熱をアイシングで吸収して痛みがひくまで冷やし続けるようにします。ポンプを利用した循環器冷却装置というのが販売されていて、これを利用すれば凍傷の不安もなく長時間冷やすことが可能です。
アイシングを行なうと、その箇所の温度が下がって細胞の新陳代謝がダウンします。そして炎症と疼痛が緩和されるといった効果があります。ケガの応急処置で行うアイシングに関してはダメージを食らった周囲の細胞の新陳代謝を抑えるのが目的ということです。