シャーロック・ホームズ

シャーロック・ホームズとワトソン博士は、キャンプ旅行に出かけた。美味しい食事とワインを楽しんだ後、二人は夜のために横になり、眠りについた。
数時間後、ホームズが目を覚まし、忠実な友人をうながした。”ワトソン、空を見上げて何が見えるか教えてくれ” ワトソンは答えた。
「何百万、何千万もの星が見えます」
「ふむ、それはつまり何を示しているのか推理できるかい?」
ワトソンは1分ほど考え込んだ。
「天文学的には、何百万もの銀河があり、何十億もの惑星が存在する可能性があることを示しています。
占星術的には、土星が獅子座にあることがわかります。
時計学的には、現在の時刻が3時15分頃であることがわかります。
神学的には、神はすべての力を持っていて、私たちは小さく、取るに足らない存在であることがわかります。
気象学的には、明日は美しい日になるのではないかと思います。それは何を物語っているのでしょうか?」
ホームズは1分ほど黙っていたが、話し出した。
「ワトソン、どこかのクソ野郎が我々のテントを盗んだんだ」