ロシアの戦艦モスクワが沈没!モスクワとはどんな船?解説します!

2022年4月14日、ロシア黒海艦隊の旗艦であるミサイル巡洋艦「モスクワ」が沈没しました。
ロシア側は、搭載弾薬の爆発と曳航中の悪天候により沈没したと発表したが、爆発の原因は明らかにしなかった。
一方、ウクライナ側は13日、モスクワが前日、対艦ミサイル「ネプチューン」2発で損傷したと発表しており、西側ではこれが搭載弾薬の爆発と曳航中の沈没の原因との見方が大勢を占めている。
巡洋艦モスクワの沈没はすぐに世界の注目を集めたが、そもそもどんな軍艦だったのか、なぜ旗艦として活躍したのかを見てみましょう。
モスクワの背景は、第二次世界大戦後にさかのぼります。
第二次世界大戦が終わって約10年後の1956年、アメリカを中心とした資本主義陣営と、当時のソビエト連邦を中心とした社会主義陣営との冷戦が激化していた。
当時「陸の大国」であったソ連において、当時の指令官のゴルシコフは潜水艦の充実を皮切りに、海軍を沿岸海軍(緑水海軍ともいう)から空母を含む大型水上戦闘機を多数保有する青海洋海軍に発展させました。
ゴルシコフの海軍は、空母を含む大型水上戦闘艦を多数保有する外洋海軍へと発展していった。
ゴルシコフが海軍の強化に取り組んでいた1974年、新型ミサイル巡洋艦の建造が決定された。
これが1164級ミサイル巡洋艦である。
スラバ級とも呼ばれるこの艦の名前は、ロシア語で「栄光」を意味する「スラバ」に由来している。
しかし、現在において、戦艦が沈没するというニュースが出ることにビックリしました。
太平洋戦争で戦艦大和が沈没しましたが、その時のニュースを見ているような。
もちろんその時とは全然役割が違うのでしょうが、違和感を感じましたね。
今後も戦争関係は注視したいと思います。