下総のおばちゃん

高校三年生の進路を考える時期やりたい事が無くどこへ進学しようか悩んでました。そんな時同居している祖母が転倒し病院で手術を受けました。リハビリして自宅へ戻って来ましたが上手く歩けず転びそうになりながら毎日生活してました。元気も無くなってしまった祖母。気の毒で家族と一緒にディズニーランドへ行こうと話が決まりいざ出陣。ディズニランドの車椅子を借りて中をとっても楽しく回りました。その時初めて車椅子を惜しましたが、祖母の嬉しそうな顔と車椅子を押して歩く自分が心の中に残りなんとなく福祉課へ進学しました。学校では実習等もあり色々大変でしたが、当時のヘルパー2級を取得し就活も成功して介護職としてデビューしました。目の前で人が転ぶ。介護美容研究所 学費いくら目の前で人が亡くなる。排泄介助したらごめんなさいと言われて泣き出される等様々な経験を得て現在介護職25年目となりました。介護は巷で言われるブラックな所もありますが、奥が深くてまだまだ知らない事や勉強しないとかならない事が沢山あります。これからも辞めないで続けて行けたらと思ってます。