女優・北川景子さん「仕事に欲深かった私が、人間らしい生活を送ってます」!?

出産から1年8カ月。その美しさと輝きは衰えることなく、いまだかつて見たことのないほどの美貌を誇っています。研ぎ澄まされた美しさと柔らかな母性を併せ持つ、無敵の存在感に圧倒される。また、気さくで楽しく、自分を持っている誠実さも魅力的だ。美ST初登場の北川景子さんは、仕事に対する高い意識と、家族を大切にする姿勢を語ってくれました。表情豊かで潔い女優の世界観は必見・必読です。
北川景子さんの美しい後ろ姿は必見です
常に期待に応える強い意志と自己管理でブラッシュアップする努力家な女性
プロフィール
1986年、兵庫県生まれ。2003年、雑誌「SEVENTEEN」の専属モデルとなり、ドラマ「美少女戦士セーラームーン」で女優としてデビュー。その後、「HERO」「家売るオンナ」「りこかつ」などの話題のドラマや、「はつ恋」「スマホを落としただけなのに」などの映画で主演を務めている。5月20日には映画『大河のほとり』が公開され、アニメ映画『それいけ! アンパンマン どろろりんとバケるカーニバル』は6/24より公開中。
30歳を過ぎてからは、首にアイクリームを塗り、産後は毎晩30分競歩して体型を戻しました
今年の夏で36歳になるのですが、30歳を過ぎてから、20代の頃との差をガンガン感じました。食べ過ぎると太るし、食べないとガリガリになるし、いつもキレイでいられるわけではないな、と。実際、私は父に似ている。特に鼻と輪郭がそっくりなんです。父はキリッとした顔立ちなのですが、私はずっと男顔だと思っていました。
肌が敏感で、あまり美容効果の高いものは吹き出物ができてしまうので、シンプル派です。洗顔後、導入美容液から化粧水、そして乳液を丁寧につけています。冬場はクリームに変えて首まで塗ります。さらに、アイクリームを首まで塗っています。
仕事以外ではほとんど化粧をしませんが、SNSに写真をアップするような友人との会食や、セーラームーンの共演者5人で集まって集合写真を撮るときは化粧をします。それ以外では、冠婚葬祭のときくらいしか化粧をしません。ただ、スキンケアの後は、目の下や小鼻、気になるところだけコンシーラーを塗って、上からパウダーをのせます。外を歩くときは、BBクリームやカラーUVとパウダーで仕上げています。
一番こだわっているのは眉毛です。パレットに入っているパウダーで眉全体を描き、ペンシルで目尻を描き、スクリューブラシで毛流れを起こし、ヘアスプレーで固めています。肌映えは悪いかもしれませんが(笑)、眉毛がきちんとできていると自分らしく、他のメイクがきちんとできていなくても顔の印象がはっきりすると思うので、この3ステップは必ずやっていますね。アイシャドウはベージュとブラウンのグラデーションで、カーラーを使うと目がびっくりしてしまうので、ダークブラウンのリキッドアイライナーで粘膜を丁寧に埋めています。マスカラは下まつ毛まで塗ると怖い印象になるので、上まつ毛にだけ塗ります。チークはピンク系、口紅はティントリップくらいが好きです。
これらのルールは、もともと私が10代の頃にお世話になった雑誌『Seventeen』のモデルさんたちが発祥です。肌の質感や髪の見せ方、メイクの仕上がりなどは、先輩モデルやメイクアップアーティストの姿を見て学びました。太る、肌が荒れるなんて1ミリも考えず、眉毛を変えたり、爪を切ったりするときも編集者に確認しながらやっていました。眉毛を変えたり、爪を切ったりするのも、編集者に確認するようにしていました。枝毛の処理はしたほうがいいですよ」と優しい口調でよく指摘され、確かにそういうプロ意識は大事だと実感しました。それ以来、休日でも髪を乾かさずに寝ることはなくなりましたし、熱があってもシャンプーは欠かせません。病気になることよりも、ワックスをつけたまま寝ることのほうが怖いのです。意志が強く、セルフケアも徹底しています。