娘の保育参観日で体験したちょっぴり恥ずかしいお話。

今日は娘の参観日でした。
親子で一緒に、色のついていない果物にクレヨンで色を塗ったり、フルーツバスケットをしたりして遊びました。
果物に色を塗り終わったときにとても恥ずかしい思いをしました。
早めに色を塗り終わったので、裏にひらがなで娘の名前を一緒に書こうと思いました。
娘の手を持って一緒に名前を書いてみました。
そしたら、お隣にいたママさんに「〇〇ちゃん自分のお名前書けるんですか?すごいですね!!」と言われてしまいました。
私も即否定すればよかったのですが、結構なリアクションだったので「え、あ、、、はい。」と曖昧な返事をしてしまいました。
そりゃ、2歳10か月の子が自分の名前を1人で書けたらすごいですよね。
私も同じリアクションをすると思います。
他のママさんもその出来事を見ていたみたいで、あとからその話をしてきました。
「〇〇ちゃん字書けていましたね!ほんとすごい!」と。
みなさん私が一緒に書いた姿を見ておらず、大変申し訳ない誤解を招いてしまいました。
誰にも本当のことを言えないまま保育参観が終わってしまいました。
申し訳ない気持ちと、恥ずかしい気持ちでいっぱいです。
娘が自分の名前だけでも書けるように特訓したいと思います。
技術ブログ アフィリエイト