宅建士の年収ってどれくらい?資格を取る意味はあるの?解説します!

宅建士として住宅メーカーの年収はどのくらい?
気になる方も多いのではないでしょうか。
企業に勤める宅建士の平均年収は、およそ470万円~600万円です。
ただし、企業規模や年齢、地域によって多少の差はあります。
今回は、企業規模や性別、地域別の平均年収を紹介するとともに、宅建士の平均年収が高い理由や、宅建士で1000万円稼ぐことは可能なのかを見ていきたいと思います。
宅建士の資格を取ると、他の職業に比べて高収入になる可能性があります。
資格を取るには時間と労力がかかりますが、収入を増やしたいと考えている方にはおすすめです。
企業に勤める宅建士の平均年収は、約470万円~600万円です。
企業規模や年齢、地域によって年収は異なります。
それでは、この6つのカテゴリーでビルダーの平均年収を見てみましょう。
宅建士の平均年収は、約470万円です。
建設業者の年収に関する公的なデータはないため、この数字は「平成21年賃金構造基本統計調査」などをもとに算出したものである。
この調査によると、従業員数10~99人の企業規模の不動産・物品販売会社の「固定現金給与額」は321,900円です。これは月給に相当する。これに年間賞与など特別給与の707,100円が加算される。(321,900円×12ヶ月+707,100円=4,569,900円)。
また、不動産業者には月給のほかに、月額5,000円から30,000円の資格手当が支給されます。資格手当を考慮すると、中小企業に勤める不動産業者の平均年収は470万円程度と推測されます。
また、役職や勤続年数、企業の利益率によって年収の額は若干異なります。ユーキャンの調べでは、中小建設会社の年収は470万円でした。
大企業の建設作業員の平均年収は約600万円です。
2019年の「賃金構造基本統計調査」によると、従業員1000人以上の不動産・物品関連企業の「固定現金給与額」は36万2100円だった。
これに年間賞与などの特別給与が140万300円加わり、合計5745万4500円。これに資格手当が加わるので、単純計算で年収は約600万円となる。
ユーキャンでも大企業の平均年収は約626万円としているので、600万円前後が大企業に勤める宅建士の年収と言えそうです。
宅建士の年収は定年まで年齢が上がるにつれて高くなっています。
宅建士はこのように魅力のある仕事です。
宅建士になるためには試験にパスしなければなりません。
下のページでは、現役宅建士が執筆したおすすめの宅建士通信講座の徹底比較を行なっています。
おすすめの宅建士通信講座を現役宅建士が徹底比較
通信講座を真面目に受講すれば、宅建士は合格できる試験なので、ぜひ受講の参考にしてください。